「じゆうマン」の自由な習慣教室

不登校から人生逆転した作業療法士のじゆうマンが、あなたの仕事・趣味・休息・睡眠などの習慣に関わる悩みに対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

読書で完璧主義になるな。さっくり読んで楽に生活に繋げよう

スポンサーリンク

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190525/20190525104315.jpg

こんにちは、じゆうマンです。

 

皆さんは読書をする時に

・本は読むけど内容を忘れてしまう

・どこを読んだらいいかわからない

・読むだけで終わっている

といった経験は無いでしょうか?

 

私も昔はただ読むだけになり、またシラミ潰しに全てを読んでいたので、結局時間の無駄に終わっていました。

 

しかし、読書に対する考えや方法を変えただけで、大きく行動を変える事ができました。

 

今回は月に書籍へ3万円を使い、20冊以上読んでいるリハビリ専門職・作業療法士のじゆうマンが、実際に行なっている読書術をご紹介したいと思います。

 

結論からいうと、

本は全ページ読まずに、必要なところを覚えて、アウトプットすればいいです。

全ページ読まなくてもいい

皆さんは本を読む時にどこを読んでいますか?

中には全ページひたすら読んでいる方も少なくないと思います。

 

しかし、それでは時間を有効的に使う事ができません。

情報がありふれた時代で、常に新しい知識が必要になっている現代では間に合わないです。

読む前に目標・目的を確認する

皆さんは本を買う時に、なにか目標・目的があって手に取ったはずです。

・〜〜が知りたい

・仕事で〜〜に困っている

・〜〜の為に役立ちたい

その目標・目的を確認する事から始めます。

ざっくり読み

目標・目的を再確認したところで、各章のタイトルや各ページの太字になっている所だけを、ページをめくりながらざっくりと情報として入れます。

ここで大事なのが、章や各ページにどんな内容が書かれているかを「ざっくり」知ることなんです。 

気になった所を重点的に

ざっくり読みで「大体この辺にこんな内容が」と知る事ができれば、おのずと今欲しい情報がどこに書かれているかが、予測できたと思います。

 

そして「ここが読んでみたいな」と少しでも感情が動いたところを読んでみてください。

そこにあなたが欲しい情報がある可能性が高いです。 

 

ここで「読まないところに必要な情報が隠れているのでは?」と感じている方にですが、

・そもそもダラダラ全部読んでも身につかない事が多い

・ざっくり読みの時に、無意識ではあるが必要なところを検索できる可能性が高い

・ざっくり読みで生まれた時間で、他の書籍に出会える

といった所を頭に入れておいて下さい。

 

完璧に全部読もうとして、何も残らない事が多いのであれば尚更です。

 

また、上の方法で読み進めてもそれだけでは記憶は定着しません。

普段、日常生活の中で楽しかったことや、嫌なことはよく思い出せるのではないでしょうか?

例えば

・家族と遊園地に行ってジェットコースターに乗った。

 あの時〜〜が凄く叫んでいた。

・仕事で上司に怒られた。

 あの時は〜〜についてグチグチ言われた・・・

といった具合です。

 

つまり、感情を抜きに何も考えずひたすら読むだけでは、記憶の定着は難しいです。

 

そこで必要なのが本との会話です。

・買う前は〜〜がわからなかったけど、著者の言っている事は納得出来る!

・〜〜はそうだと思うけど、〜〜は本当にそうかな?

・別の本と反対の事を言っている。どっちが正しいのかな・・・

先ほども言った様に、人は記憶を定着させる時には、その時の感情を結び付けます。

本を読んだ時の驚きや喜びといった感情は、読んだ後のアウトプットにも大きく影響します。

行動に移すアウトプットは必要

そして最後に必要なのがアウトプットです。

アウトプットには

・行動に移す

・人に教える

・ノートにまとめる

と様々な方法があります。しかし、大事なのが日常生活で自分の行動が変わる事です。

 

本を読む前に目標・目的を確認する事を伝えましたが、最終的にはそれを達成する事が大事になってきます。

 

ですので、まず得た知識を元に行動を変え、実践の中で試します。

仮に失敗してもそれが経験となり、また新しい本から情報を得てはまた試す、といった好循環も生まれます。

 

そうしていく内に、行動が洗練されて、最終的に目標・目的が達成でき、読書の効果があったとも言えるのではないでしょうか。

まとめ

最後にまとめですが、本を読む時は

1.全ページ読まない

2.感情と結び付けて必要なところを覚える

3.目標・目的の為にアウトプットをする

です。

 

本を読むことは素晴らしいことです。

本の著者が絞りぬいたまとめた経験を、間接的に知る事ができるツールでもあります。それが数千円で手に入るのはお得ですよね。

 

先人の知恵を真似して試してみる価値は大いにあります。

是非、試してみてください。

 

 

関連記事

 

www.guman.site

www.guman.site