「じゆうマン」の自由な習慣教室

不登校から人生逆転した作業療法士のじゆうマンが、あなたの仕事・趣味・休息・睡眠などの習慣に関わる悩みに対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

掃除がやりたく無い人は、まず興味を意識すること

スポンサーリンク

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190602/20190602194655.jpg

こんにちは、じゆうマンです。

 

突然ですが、皆さんは掃除はお好きですか?

綺麗好きだから好き

元々好きじゃない

といった意見に分かれると思います。

 

今回は後者に当てはまる方に向けた内容で、かつ「掃除を始めにも、やる気が起きないけどどうすればいいの?」という疑問についてお答えしたいと思います。

 

結論からいうと「自分の興味が高いのは何かを意識して、掃除にその要素を見出すこと」なんです。

 

では深掘りしていきましょう。

なぜ好きにならない

なぜ掃除が好きにならないのか考えてみてください

大きくは

・面倒臭い

・方法がわからない

といったことも挙げれますよね。

 

しかし、大元をたどると皆さんの歩んできた人生に要因があることが考えられます。

・実家が常に綺麗で快適に過ごしていた

・子供の事から掃除をすると親に褒められて好きだった

など

 

つまり、掃除を通して喜びや楽しさといった興味の有る無しを経験しているかが、掃除のやる気にも関わっているのではないでしょうか。

人は興味を通して作業を選択している

そもそも人が作業を行う際に以下の過程を踏んでいます。

1.予想

2.選択

3.経験

4.解釈

今回は興味をベースにして当てはめていきます。(本来は興味以外に、自分自身の評価や自己効力感、価値なども関係します)

1.予想→掃除は楽しそう

2.選択→掃除という作業を選ぶ

3.経験→掃除をすると楽しい、気持ちいい

4.解釈→やっぱり掃除はいいもんだ

という具合でしょうか。

 

しかし、興味が低くければ、「1.選択」の時点で掃除を選ぶ事はなく、他の作業を選ぶ可能性が高いことが考えられます。

 

そうなれば、重い腰は重いままですよね。

掃除を好きになろう

さて、それでは実際に掃除を選択するように自分をコントロールしてみましょう。

ここまで話してきたように興味が大事で、掃除に対して「嬉しい」や「満足」といった感情が湧くことが大事になってきます。

コツは、ここで少し環境の力を借ります。

私のおすすめは

・新しい掃除道具を買う

スマホを使いネットでゲキ落ちの方法を調べる

・片付けや模様替えを兼ねて行う

皆さんも経験があると思うんですが、新しい物を買った時ってなんだか試したくなりませんか?

私は一人暮らしをしていた時に、性能が良い掃除の電化製品を買ってやる気を引き出していました。

また、なかなか落ちない汚れが落ちる方法があれば「試してみたい」衝動に駆られます。

購入した道具と併用すれば、単純な掃除よりも「どれだけ落ちるんだろう?」と興味が倍増しますよね。

 

そして掃除をする際は模様替えをしてみると、「掃除をするついでに模様替えをすると、なんだか気分がいい」となる可能性があります。

 

つまり、いかに自分の興味を高めることが重要となります。

まとめ

まとめですが

・自分の興味が高いのは何かを意識して、掃除にその要素を見出すこと

・過去の人生経験は変える事はできないが、今、そして未来の経験は変えることができ、環境などで補い興味を高めよう

です。

 

興味は歩んできた人生の経験が元になっており、直ぐに変える事はできません。

しかし、興味以外に環境などで補えば、間接的に興味を高めることができるんです。

 

是非、試してみてください。