「じゆうマン」の自由な習慣教室

不登校から人生逆転した作業療法士のじゆうマンが、あなたの仕事・趣味・休息・睡眠などの習慣に関わる悩みに対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

歯磨き嫌いな子供を変える魔法の環境

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190606/20190606204601.jpg

こんにちはじゆうマンです。

 

小さなお子さんが居る方で

・子供が居るけど歯磨きが嫌いでしてくれない

・歯磨きが習慣付かなくて困っている

といった悩みを持つ方は少なくないと思います。

 

小さい頃の歯磨きへの習慣づけ、虫歯予防をする上でも大事ですよね。

 

そこで今回は「歯磨き嫌いな子供に、歯磨きをさせるにはどうしたら

いいの?」というご質問にお答えします。

 

結論からいうと

子供の興味が高い環境を用意してしまえば、子供は勝手に歯磨きを始める

んです。

 

では深掘りしていきましょう。

 

子供が歯を磨かない理由

はじめに子供が歯を磨かない理由を考えていきます。

まずシンプルに

・歯磨きが好き(あるいは、ちゃんとする)

・歯磨きが嫌い

と、分ける事ができると思います。

 

ではなぜ、歯磨きが好き、あるいはちゃんとする子供さんが居るのでしょうか。

主に

・歯を磨く理由がわかっている

・歯が磨くのが楽しい

が考えられます。

 

つまり、歯を磨くのは「虫歯になるのを予防するため」や、そもそも歯を磨くのが「気持ちいい」「スッキリする」といった感情がわく為です。

 

ただ磨く理由がわかっていても、大人でも中々続かない人は居ます。

それは「楽しさ」や「嬉しさ」といった感情がわかず、興味がないためです。

 

その為、子供が歯を磨かないのは、歯磨きにそもそも「興味がない」ので、無理やり勧めてもやらない子はやりません。

歯を磨かせるには

では「どうすれば、子供が歯を磨く様になるの?」という疑問が生まれます。

 

まず確認すべきことに、先ほど「興味」というワードを使いましたが、そもそも興味とは

人が行うことに楽しみや満足を見いだすこと

とされています。

 

子供が歯を磨くのに

・楽しみ

・満足

と感じる事がなければ、歯を磨くきっかけや続けて行くことは難しいと考えられます。

 

実際に歯を磨くことに対して

・歯を磨くのは面倒臭い

・朝起きてご飯食べたいのにやりたくねい

・夕ご飯食べて遊びたいor眠たいのに嫌だ

といった気持ちになるのは自然なことですよね。

だからこそ、興味を高める事が重要であると言えます。

 

その興味を高めて、歯を磨かせる方法の一つに「環境を変える」事が挙げられます。

そもそも、人は何かの作業を行う際に、常に周り環境と関わりながら行なっています。

 

環境から情報を得て、極端な話「良い・悪い」や「楽しい・楽しくない」といった解釈をしていきます。

 

例えば歯磨きであれば

・ブラシ

・歯磨き粉

・洗面所

といった具合ですが、歯磨きが嫌いな子供にとっては「い」「楽しくない」といった情報源にしかなりません。

 

その為、環境を変える必要が出てくる事がわかります。

環境には

・自然的

・人工的

なものがありますが、葉っぱやお花で興味を高める訳にもいきません。

ここでは人工的なものであれば、子供に親しみやすい

・アニメ

・ゲーム

などが挙げられます。

例えば下記の様なアプリを使用して環境を変え、歯磨きの興味を高める方法があります。

ブラシモンスター  

子供も私たちと同じ様に、興味がわく事をやりたがります。

興味がなければ行動に移しません。

ですので、大人が興味のわく環境を整えてあげるのも、必要なのではないでしょうか 。

まとめ

まとめですが

歯磨きをしない子供には、興味を高める要素を入れた環境を用意し、勝手に歯磨きがしたくなる様にする

です。