「じゆうマン」の自由な習慣教室

不登校から人生逆転した作業療法士のじゆうマンが、あなたの仕事・趣味・休息・睡眠などの習慣に関わる悩みに対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

作業療法士がオススメする人生の幸福と健康に関わる『作業の本』5選

スポンサーリンク

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190604/20190604224738.jpg

こんにちはじゆうマンです。

 

今回は「作業について理解できる本を教えてください」とのご意見をいただいたので、作業療法士厳選する本5冊ご紹介したいと思います。

 

対象は主に医療・福祉系の方ですが、「作業について詳しく知りたい!」という方にも知って頂きたい本となっていますので、是非目を通してみて下さい。

 

 キールホフナーの人間作業モデル

人が作業や環境と、どの様に相互作用していくかを理解するには最適な本だと思います。現在は第5版まで出ており、作業療法士には欠かせない理論・モデルとなっています。

 事例でわかる人間作業モデル

上記の人間作業モデルの書籍だけではイメージしにくい方は、こちらの本もおすすめです。事例を通して学べる為、臨床と繋げやすくなる本だと思います。 

 作業科学 作業的存在としての人間の研究

作業を学問としてまとめているのがこの一冊です。ボリュームがあり、読み応えはあります。作業をより知りたい人には価値ありです。

 「作業」って何だろう 作業科学入門

作業科学の本を購入される前に、一度簡単に作業科学に触れてみたい人はこの本を。作業について簡潔にまとめられているので、作業療法士以外でも馴染みやすいと思います。

続・作業療法の視点

カナダの作業療法を中心に記載されています。こちらもボリュームがありますが、興味のある方は是非。人間作業モデルとは違った視点から作業療法をみれるのも面白いです。