「じゆうマン」の自由な習慣教室

不登校から人生逆転した作業療法士のじゆうマンが、あなたの仕事・趣味・休息・睡眠などの習慣に関わる悩みに対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

スマホで勉強したいなら習慣に組み込むべし

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190614/20190614200329.jpg

こんにちはじゆうマンです。

 

最近では家だけでなく、外でスマホを使い勉強する方が増えている様に思います。

動画サイトやアプリ、PDFファイルなどを使ったりと、方法は様々ありますよね。

 

しかし「空き時間にスマホで勉強したいけど継続できない」といった方も、少なくないです。

今回はそんな方へ向けたアドバイスをしたいと思います。

 

結論からいうと

習慣を意識すればスマホで勉強することは簡単

です。

 

では深掘りしていきます。

 

1日の中で勉強をはじめるきっかけ

では勉強が習慣づかない理由を探っていきます。

皆さんは勉強する時は、何をきっかけに始めますか?

・さぁスマホもいじったし勉強しようかな

・〜〜時になったから始めよう

・お風呂入ってから勉強しよう

等があると思います。

 

個人によって様々なパターンがあると思いますが、大抵こんな感じではないでしょうか。

上に挙げた例に共通すのは勉強の前に「きっかけ」がある、という事です。

 

家の中を歩いていて突然「勉強しよう!」とは中々いきませんよね。

くしゃみをして「勉強したい!」とも思わないはずです。

 

勉強の前にきっかけがあり、その後「勉強」へ移る流れが自然かと考えられます。

勉強が続かないワケ

さて、きっかけはわかりましたが、それが1日、1週間、1ヶ月と継続しない方がみえると思います。

どうして継続せず、3日坊主に終わってしまうのでしょうか。

その理由として

・報酬

が関わっています。

 

皆さんは勉強をした後、こんな風に感じたり、思っていませんか?

・「あー疲れた」

・「なんとか終わった。明日やりたくないぁ」

・「うわ、あとこんだけやらないといけない」

などなど。

 

これに共通するのは不快な感情であり、報酬はありませんよね。

報酬がある場合は例えば

・「やった!ここまで出来た!」

・「こんなに覚えられた!」

・「勉強した事を教えたらお礼を言われた」

といった感じです。

 

皆さんの生活を振り返ってもらうとわかる様に、習慣化されている作業には大体、報酬が関わっています。

勉強を習慣化しようと考えるなら、一つ、報酬を取り入れる必要があります。

 

それは普段、机の上で勉強する事や、現代のスタイルにあったスマホで勉強する事も違いはありません。

スマホで勉強する習慣を身につけよう

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190612/20190612193845.jpg

では実際にスマホで勉強する事を習慣化していきましょう。

今回はスマホで動画を使用した勉強を想定していきます。

 

ます以下の流れで考えていきます

きっかけ→スマホで勉強する→報酬

 

個人個人のきっかけからスマホで勉強をする事になりますが、

そして肝心なのが「報酬」です。

 

記事中に少しヒントを入れましたが、動画で勉強をした後に

・「あー疲れた」

・「なんとか終わった。明日やりたくないぁ」

なんて感じていては報酬が無く、習慣づける事は困難です。

 

ですので動画をみて勉強した後は

・少し理解出来て嬉しかった

・実際にやってみたら成果がでた

など、動画を観た後に何らかの報酬が出るようにして下さい。

 

人は報酬が出ると「次も同じ事をしたら、同じ報酬が感じれるのでは?」と期待し、自然とその行動をします。

 

ですので、youtubeUdemy の様に、動画で勉強した後は、常に報酬を意識して習慣化していきましょう。

まとめ

 まとめですが

スマホでの勉強を習慣化したいながら、勉強後の報酬を意識して習慣化しよう

です。

 

スマホでの勉強は空き時間を有効に使えるので、是非お試し下さい。