「じゆうマン」の自由な習慣教室

不登校から人生逆転した作業療法士のじゆうマンが、あなたの仕事・趣味・休息・睡眠などの習慣に関わる悩みに対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

大人の歯磨きを習慣づけるコツ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190619/20190619215710.jpg

こんにちはじゆうマンです。

 

皆さんは毎日歯磨きは出来ていますか?

子供の頃から習慣づいていないと

・寝る前に磨こうと思うけど寝てしまう

・磨くのが面倒臭い

といった状態になる事も少なく無いと思います。

 

今回は自信の経験を元に、「歯磨きをする習慣が無いけど、どうしたらいい?」という質問にお答えします。

 

結論からいうと

歯がみがきを習慣づけるには、ながら歯磨きで楽しさや面白さを組みこもう

です。

 

では深掘りしていきます。

歯磨きが習慣づかないのは

はじめに歯磨きが習慣づかないのは何故かを考えていきます。

おそらく歯磨きをしない方の多くは

面倒くさい

と思う方が大半だと思います。

 

シンプルに考えれば食事をした後に、わざわざ歯磨きという面倒臭い行動をとるのは大変ですよね。

食後→歯を磨く→面倒臭い

という結果になるので、毎日するのがシンドイのも頷けます。

 

しかし、この面倒臭さを緩和しない限りは、歯磨きを習慣づけるのも困難と言えます。

歯磨きを習慣づけよう

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190618/20190618200157.jpg

では実際に歯磨きを習慣づける方法を考えていきます。

重要なのは、先ほどの

食後→歯を磨く→面倒臭い

という流れを変えていく必要があります。

 

特に厄介なのは「面倒臭い」部分ですが、これが

・集中できる

・楽しい

・面白い

であれば、なんだか歯磨きも良さそうに感じませんか?

ポジティブなものであれば、「またしたい」という気持ちにもなりやすいですよね。

 

よく歯磨き粉なんかは、磨いた後に「すーっ」と、冷んやりした感じが残るものがありますよね。

それは磨いて

・スッキリした

・気持ちいい

といったポジティブなもの、つまりその人にとっての報酬になる訳です。

なので歯磨き粉を使うにあたり、嫌な印象は受けませんよね。

 

こういう歯磨き粉を使って、歯磨き自体を習慣化できれば良いですが、そうならない人も多いはずです。

ですので、別の報酬を考える必要が出てきます。

その方法として、オススメなのが「ながら歯磨き」です。

勝手に命名しましたが、歯磨きと別の作業を一緒に行います。

 

例えば

スマホで動画を見ながら

・音楽を聴きながら

・ストレッチをしながら

など

です。

 

就寝前だと、あまり交感神経を刺激した活動はオススメしませんが、これらの作業と一緒にする事で、今までには無かった報酬が得られますよね。

 

私も良くスマホで動画を観ながら歯磨きをしますが

・いつのまにか歯磨きが終わっていた

・動画面白かった

という感じになります。

 

動画を観ることで集中できたり、面白かったりと、結果的に歯磨きをした後に報酬が生まれ、自然と「面倒臭い」という印象が無くなるんですよね。

 

勿論、鏡を見ない事で磨き残しが生まれるというデメリットはあります。

なので始めが全く歯磨きをしない状態であれば、段階を踏んで動画を観るのを無くしていくのも方法の一つです。

 

要は徐々に生活の中に組み込み、やらないと変な感じがするまで持っていく事が大切です。

人生100年時代でもあり、健康な歯を保つ事も大事ですよね。

まとめ

まとめですが

歯磨きを習慣づけたいなら、ながら歯磨きで楽しさや面白さを組みこもう。

段階づけて徐々にながらを外していき、歯磨きを生活のパターンに組み込む

です。

 

はじめは歯磨きが面倒臭いかもしれませんが、習慣づくと意外にに面倒臭さも感じなくなるかもしれません。

一度お試しどうぞ。