「じゆうマン」の自由な習慣教室

不登校から人生逆転した作業療法士のじゆうマンが、あなたの仕事・趣味・休息・睡眠などの習慣に関わる悩みに対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

好きな人と仲良くなりたいなら、聴き上手から始めること

スポンサーリンク

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190629/20190629144630.jpg

こんにちは、じゆうマンです。

 

普段会話をする中で、苦手意識を持っている方は居ないでしょうか。

特に

・何を話したら良いかわからない

・会話を繋げる事に必死

といった様に考える方は少なくないと思います。

 

 

特に好きな人との会話では、その思いがより一層高まりますよね。

今回は好きな人との会話が苦手な人に対し、その意識をやわらげる方法をお伝えします。

 

結論からいうと、会話は聴く事から始め、相手に気持ちよく話してもらう様に心がけたら良いです。

 

では上記を深掘りしていきます。

会話を通して何を求めるか

まず皆さんは会話を通して何を求めますか?

・情報を得たい

・相手と仲良くなりたい

 

会話をする相手から様々な情報を得たい場合や、その相手と仲良くなりたい思いもありますよね。

特に好きな人と仲良くなりたい時は、会話に必死なはずです。

 

何を話そう」、「何を思われているだろう」と、そんな事ばかり考えますよね。

私も異性と会話をする時は、そんな事ばかり考えていました。

 

相手が好きな人であるなら、大体は

・付き合いたい

・結婚したい

と思うはずです。

 

それが会話をするにあたり、大きな目標となるのではないでしょうか。

そのために、どう会話を使っていけば良いかになりますが、会話が苦手な人はとても悩みますよね。

会話はまず聴くところから始めよう

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190629/20190629145052.jpg

会話を考えた時に大体は

・話す

・聴く

をそれぞれが交代で行なっていくと思います。

これを踏まえ、自分はどう立ち回れば良いかをプラン立てすれば良いです。

 

一つの考えとして、仮にこちらが100%話したとしましょう。

その場合、相手の評価はどうなると思いますか?

 

大抵の場合、相手は

・この人自分の事が好きなんだ

・私(俺)の話は興味無いんだ

となるのでは無いでしょうか。

 

反対に100%聴き手にまわった時は</p

・静かな人だな

・一緒に居て楽しくないのかな</p

となることが考えられます。

 

そのため、それぞれ100%全振りするのはやめましょう。

特に会話が苦手な人は、100%聴き手にまわるのは避けたいです。

 

半分とは言いませんが、20〜30%は自分の意見や話をできると良いです。

経験上、私の場合は相手が女性ですが、それくらいの割合でも十分会話は成り立ちます。

 

ただし、大事な要素がいくつかあり

・相槌

・リアクション

・質問

が大事です。

 

良い例が芸能人の明石家さんまさんです。

どんな相手でも面白く会話を成り立たせる事ができますよね。

 

ただ上記の3点がなければどうなるでしょう。

恐らく放送事故モノです。

 

ですので相手が話している時は、相槌やリアクションを行い、質問を行うべきです。

特に質問は相手がしてほしい質問をしてあげる事です。

 

例えば旅行の話をしてくれたなら

・楽しかった

・面白かった

・嬉しかった

など、感情が動いたシーンを聴くと良いと思います。

恐らく、そういうシーンは人に伝えたい、話したい人が多いので、有効では無いでしょうか。

 

とにかくそういう質問をしていき、会話を深掘りさせていけば自然と会話は繋がります。

多分そこを意識しても会話が繋がらないのは、そもそも相性が悪い可能性大です。

まとめ

まとめですが

好きな人と仲良くなりたいなら、聴き上手から始めて、相槌やリアクション、質問を行なって仲を深めよう

です。

 

是非試してみてくださいね。