「じゆうマン」の自由な習慣教室

不登校から人生逆転した作業療法士のじゆうマンが、あなたの仕事・趣味・休息・睡眠などの習慣に関わる悩みに対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

効率よく勉強できるのは朝or夜?

スポンサーリンク

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190706/20190706084521.jpg

こんにちは、じゆうマンです。

 

皆さんは日々勉強する時間を作っているでしょうか?

もし勉強されているなら、どの時間帯に行なっていますか?

 

学生の方であれば「朝起きてすぐは辛いから、学校から帰ってきてからしている」といった人も多いと思います。

 

今回は「勉強するならどの時間帯が良いですか?」という質問にお答えしたいと思います。

 

結論からいうと、朝の方が頭はスッキリした状態で、頭が冴えているのでオススメです。

 

では深掘りしていきたいと思います。

夜は脳が疲れ切った状態

そもそも朝と夜の体の状態は?というと

・朝はスッキリ

・夜はグッタリ

です。

 

朝は睡眠により脳が整理された状態で、散らかっていません。

しかし、夜はというと、1日を通した様々な情報が入っていますよね。

例えば学生であれば

・家族の頼みごと

・友人とのこと

・その他悩みごと

などです。

 

つまり、自宅に帰ってきた時には、脳は整理されていない情報で散らかっている様なものです。

私も経験があり、夜は感覚的に「頭が重い」感覚なんです。それは脳が情報に溢れてしまい、疲れている状態であるとも考えられます。

勉強するなら朝にするべし

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190706/20190706084531.jpg

人は朝よりも、夜の方が頭が疲れる事がわかりました。

 

上で述べたことからも

勉強は朝にするべき

と考えられます。

 

理由としては、先ほど挙げた様に、睡眠により頭が整理された状態であるからです。

例えば朝スッキリした状態と、夜グッタリした状態で夏休みの宿題を一気に片付けるなら、どちらの方が集中力が高まりますか?

 

おそらく、感覚的にも朝の方がやれる感じがするのではないでしょうか。

パフォーマンス的にも2、3倍は違うと思います。

 

それだけ朝には集中できる課題をするべきである事が言えます。

朝の活動性を下げる原因

しかし、いくら朝に集中力がいる勉強を持ってきても、脳の活動性が伴っていなければ話になりません。

例えば

・朝からスマートフォンで動画をみる

・夜遅くまで起きる

などです。

 

朝からスマートフォンをみてしまっては、せっかく脳がスッキリしている所へ、情報の雨を降らせる様なものです。

また夜遅くまで起きていては、朝起きても「眠たい」と感じ、脳が重たい状態でスタートする必要があります。

 

つまり、効率よく勉強をするなら、朝の頭に余計な情報を入れず、夜更かしをしないことをオススメします。

まとめ

まとめですが

・勉強をするなら、頭のスッキリしている朝にするべき

・朝に勉強するなら朝、無意味なスマホいじりや、夜更かしはやめて脳をスッキリさせた状態を保とう

です。

 

朝はゴールデンタイムとも言われるので、大事にしてくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


健康と医療ランキング