「じゆうマン」の自由な習慣教室

不登校から人生逆転した作業療法士のじゆうマンが、あなたの仕事・趣味・休息・睡眠などの習慣に関わる悩みに対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

「触れる」コミュニケーションを語る

スポンサーリンク

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190710/20190710204019.jpg

こんにちは、じゆうマンです。

 

皆さんはコミュニケーションを取る際に、意識している所はありますか?

一つ一つの言葉は勿論大切ですが、重要になってくるのが言葉ではなく非言語です。

 

非言語は言葉ではないコミュニケーションで

・言葉を発する声の高低

・身体の仕草

など、数多くあります。詳しくは以下の記事で述べていますが、非言語はコミュニケーションにおいて重要な位置を占めるものです。

 

www.guman.site

 今回は「コミュニケーションで意識した方が良いことはありますか?」という質問にお答えしたいと思います。

 

結論からいうと相手に触れる事で、相手とのコミュニケーションを図ることができるので、活用してみる価値があります。

 

では深掘りしていきます。

コミュニケーションとは

まずコミュニケーションは

人々がものを共通に所有するにいたる方途

とも言われ、ざっくりいうと情報を共有する手段と言えます。

 

またコミュニケーションは

・言語コミュニケーション

・非言語コミュニケーション

に分けられます。これもざっくり言うと

・言葉での情報共有の手段

・言葉によらない情報共有の手段

です。

 

例えば風邪を引いている相手に「大丈夫?」と声を掛けた時に

・「大丈夫?」という言葉

・「大丈夫?」と言う時の、声の高低や仕草

が挙げられます。

仮に単語だけ聞くと、どういう感じで相手に伝えているかは読み取れません。

 

しかし、声の高低や仕草が加わる事で、より温かみや心配度合いが伝わりますよね。

これが非言語のもつ力であり、言葉により意味をもたらすものであると言えます。

 

相手に触れるコミュニケーション

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190710/20190710204023.jpg

非言語の中には「身体接触」というものがあり、文字通り身体に触れるものです。

実は相手に接触する事だけでも、自分の存在を伝えたり、意志を伝えることができます。

 

例えば上で挙げた風邪を引いている相手に「背中をさする」行為であれば、イメージするだけでだいたい意味はわかりますよね。

・いたわる

・心配する

など、相手に伝えることが出来るのではないでしょうか。

 

つまり、触れ方一つで自分の気持ちを伝えることが可能という事です。

その時の状況や触れる場所や強弱、動かし方など、相手に伝える情報もまた変えることができます。

 

身体接触の注意点

勿論、身体接触を使う場合にも注意が必要であり、その使い方次第で相手に不快感を与える場合もあります。

 

特に日本では海外に比べ触れる文化は薄いことが考えられます。また男性から女性に触れる場合、特に親密度が低い場合は、特に不快を与える危険性があるので注意しましょう。

まとめ

まとめですが

相手に触れる事でもコミュニケーションは可能で、自分の気持ちを伝える手段になる。

ただし、状況や相手に注意して、身体接触は使用すること

です。

 

触れる感覚は私たちが発達する過程でも重要な要素でした。敏感な感覚でもあり、使い方次第で相手に快を与えたり、不快を与えたりと変わってしまうので、注意しましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


健康と医療ランキング