「じゆうマン」の自由な習慣教室

不登校から人生逆転した作業療法士のじゆうマンが、あなたの仕事・趣味・休息・睡眠などの習慣に関わる悩みに対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

会話で友人に興味を持たせるには「数字」を使うこと

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190724/20190724201001.jpg

こんにちは、じゆうマンです。

 

皆さんは友人との会話で、悩みはありませんか?

例えば

会話で友人に興味を持たせることができない

といった感じです。

 

私もあるのですが、いまいち相手の反応が良くなく、「つまらないかな」といった気持ちになる事がありますよね。

 

今回は「友人を会話に惹き込むには、どうすれば良いですか?」という質問にお答えします。

 

結論からいうと、会話のネタを話す時に、数字を使うことで具体性が高まり、興味を高める事ができます。

 

では上記を深掘りしていきます。

会話がつまらない理由

そもそも相手がこちらの会話に興味が持てないのでしょうか?

いくつか理由が考えられますが

イメージがつきにくい

事が挙げられます。

 

例えば

この前大きいステーキ食べて、体重がめちゃくちゃ増えたんだ

という内容の話をしたとします。

 

このフレーズからは

・この前

・大きいステーキ

・体重がめちゃくちゃ増えた

という情報がありますが、ざっくりとした事しかイメージできません。

 

人はそれぞれのフィルターを通して物事を理解します。

単純に言えば、過去の人生経験から情報を解釈していくんです。

 

情報が少なくても、その経験から解釈するので、人によってイメージの仕方は様々ですよね。

つまり、「大きいステーキ」という情報から、

・こぶし大のステーキ

・顔の広さ並みのステーキ

といった様に、解釈がずれる可能性があります。

また、解釈してもらえればいいですが、イメージがぼんやりの人もいます。

ただ大きいステーキか」という情報で止まる恐れがあり、相手の興味を高めることは難しい事が言えます。

友人に興味を持たせるには「数字」を使う

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190724/20190724201406.jpg

そこで大事なのが

具体的な数字を使う

という事です。

 

例えば「この前大きいステーキ食べて、体重がめちゃくちゃ増えたんだ」であれば

「3日前、1キロのステーキを食べて、体重が3キロ増えたんだ」

と伝えます。

 

どうでしょうか。

それぞれ数字を加えたことで、イメージがわきやすくないですか?

1キロのステーキを食べて、体重が3キロ増えたのか」と情報が入り、脳内でも想像する事ができます。

 

また

「1キロ食べて、なんで3キロも増えているんだ!」

とツッコミポイントもでき、会話も広がりますよね。

 

あくまで一例ですが、具体的な数字を入れることで、イメージがつきやすくなる事がわかってもらえたのではないでしょうか。

まとめ

まとめですが

会話で友人に興味を持たせるには、具体的な数字を使うこと。

です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


健康と医療ランキング