「じゆうマン」の自由な習慣教室

不登校から人生逆転した作業療法士のじゆうマンが、あなたの仕事・趣味・休息・睡眠などの習慣に関わる悩みに対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

ビジネスマン必見!!印象は相手のこちらに対する「期待」で左右される

スポンサーリンク

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190808/20190808183656.jpg

こんにちは、じゆうマンです。

 

皆さんは仕事において、自分が与える印象を気にした事はありませんか?

どういう風な印象を与えているかは、誰しも気になるものですよね。

 

今回は自分の印象を左右する要因について、お答えしたいと思います。

 

結論からいうと、印象は周囲があなたに対してどう期待をしているかで左右されます。

では上記を深掘りしていきます。

 

仕事において自分の印象

仕事においてあなたはどのような印象を与えていますか?

・優しそう

・怖そう

などあると思いますが、自分では100%知る事は難しいですよね。

嘘なく答えてもらえるのであれば別ですが、一人一人確認するもの難しいはずです。

 

この印象は初対面の時から集められた情報を元に作られ、相手に対してどういう風に対応するかにも関わるものです。

例えば

「話してみて優しそうだから、今後も話しかけてみよう」

「話してみて怖そうだから、しばらく様子をみよう」

と、行動を決める要因になります。

 

仕事上、交流は少なからず必要になりますが、こうした印象が仕事のやりやすさ、やりにくさを生みます。

私も経験がありますが、怖そうな人には近づくのをよくためらいます。

 

そういったように、社会で生きる中では印象はとても重要で、交流の行き先を左右するものでもあります。

 

印象は相手にどう期待するかで左右される

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190706/20190706170022.jpg

相手に対してどうアクションを起こすかを決める印象ですが、この印象自体は「期待」によって左右されます。

 

極端な例を挙げると

「この人は見た目からして優しそうだから、優しいだろう」

「この人は見た目からして怖そうだから、怖いだろう」

です。

 

このように、人は良くも悪くも人に対して「期待」をした状態で接します。

期待というフィルターがあり、そのフィルターを通して印象が形成されます。

 

優しいだろう」という期待があれば、ある程度怖い情報を受けても「優しい」情報が強く残る傾向にあります。

つまり、期待以外の要素は、フィルターで除去されやすいんです。

 

こうしたように、印象は期待である程度方向付けられてしまうんです。

接する前の期待次第で、あなたの印象は変わるという事ですね。

 

良い期待を生むには

例えば会社外のクライエントに会う前の電話、メール対応からでも良い情報を相手に与える事ができます。

 

これも極端ではありますが、電話やメールで

・はっきりとした声

・丁寧な言葉遣い

・基本をおさえた文体

などを注意すれば、自ずと良い情報を与える事ができ、直接対応した時に「良い期待」を与えた上で、接する事ができます。

 

良い期待の上で対応できるので、良い印象も築かれやすいですよね。

普段からの行動も、良い印象を確定づける上では大事になるんです。

 

まとめ

まとめですが

周囲に与える印象は、相手の期待で大きく変わる

実際に直接対応する前からも大切であり、電話やメールも侮ってはいけない

です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


健康と医療ランキング