「じゆうマン」の自由な習慣教室

不登校から人生逆転した作業療法士のじゆうマンが、あなたの仕事・趣味・休息・睡眠などの習慣に関わる悩みに対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

相手の気分次第で印象は変わる?学生に伝える人間関係術

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190809/20190809211104.jpg

こんにちは、じゆうマンです。

 

学生の皆さんは、相手にどう思われているか気になる事はありませんか?

私も学生時代は、周囲の友人にどう思われているか、とても気にしていました。

 

実は自分に対する印象は、相手の気分が関わっているんです。

 

では上記を深掘りしていきます。

 

印象について

そもそも印象は

相手に対してどういう風に対応するか

に関わるものです。

 

優しそうな人であれば近き

怖そうな人であれば近づかない感じです。

 

より具体的に言えば中学や高校など、初年度の初日に初めてあう人が居るとします。

優しく声をかけてくれてくれれば、今後も話て見ようと思いますよね。

しかし、声をかけても無愛想であれば距離を置くはずです。

 

こうしたように、印象は相手に対してどのように接するかに大きく関わります。

相手が自分にどのような印象を抱いているかによっても、相手の行動が左右されるという事です。

 

印象は相手の気分が関わる

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190801/20190801183226.jpg

行動に関わる印象ですが、その印象は

気分によって変わる

事が言われています。

 

気分が良い時に関われば、ポジティブな印象が形成されやすく、

反対に悪い時に関われば、ネガティブな印象が形成されるといった具合です。

 

極端ですが

1000万円をもらった

1000万円を失った

とすればどうでしょうか。

 

1000万円をもらったあとは、少なくとも嬉しい状態ですよね。

多少苦手と感じた相手でも、いつもよりおおらかに対応できると考えられます。

 

一方で1000万円を失ったあとは、気分はどん底のはずです。

いくら相手が良いと感じる人であっても、「今は話しかけないで」くらいの状態になると思われます。

 

こうしたように、その時々の気分は相手に対する情報が「ゆがんだ状態」でインプットされやすい事が考えられます。

よって相手に良い印象を与えるには、相手の気分が良い状態の時に接する事が重要と言えます。

 

 

どのように気分を感じ取るか

しかし、気分をどう感じ取れば良いかがわからない人もいると思います。

そこで重要なのが相手の「言葉以外の言語」になります。

 

つまり「非言語」という事です。

 

非言語は言葉ではないコミュニケーションの方法です。

以下の記事で非言語について触れていますが、好きや嫌いといった感情も、非言語が表現している場合があります。

 

www.guman.site

 

こうした非言語から相手の気分を読み取る事で、自分の印象が良く伝わる時を見極める事ができます。

 

まとめ

まとめですが

相手の気分次第で印象は変わるため、非言語を見極めながら良い時に接するべし

です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


健康と医療ランキング