「じゆうマン」の自由な習慣教室

不登校から人生逆転した作業療法士のじゆうマンが、あなたの仕事・趣味・休息・睡眠などの習慣に関わる悩みに対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

学生必見!!目的があるなら、その道のプロの近くに付くべし

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190816/20190816185003.jpg

こんにちは、じゆうマンです。

 

学生の皆さんは目的を持っていますか?

学業における目的や、将来の職業についての目的、人生の目的など、人よって様々ですよね。

 

私も個人事業を開業し、地域の高齢者の生活支援をする事を目的にしていますが、その目標を達成するまでには、長い道のりがあります。

 

今回は「現在学生ですが、目的を叶えたい場合はどうすれば良いです?」という質問にお答えしたいと思います。

 

結論から言うと、同じ目的を持ったその道のプロの近くに付く事で、モチベーションも上がり、その目的達成まであなたの背中が押されます。

 

では上記を深掘りしていきます。

 

あなたの目的

学生の皆さんは、未来に向かって様々な目的があると思います。

身近なものから、壮大なものまでありますよね。

 

進学先はもちろん、進学先で何をするか、就職してからどんな仕事をするか、結婚してどんな家庭を築きたいか。

そしてどんな人生にしたいか。

人生は長い道のりではありますが、個人によって目的は異なり、どれも魅力のあるものだと思います。

 

しかし、目的を達成するにも、どのようにしたら良いかわからない場合があるはずです。

気づいたら時間だけが過ぎてしまい、時間を無駄にしている事もあるのではないでしょうか。

 

いくら人生が長いといっても、時間は限られています。

その限られた時間で、いかに経験を積んでいくかが大事です。

 

私は中学時代は不登校で、具体的な目的はありませんでした。

ただ毎日を過ごす事がある意味で目的で、そこには何の魅力も無かったと思います。

 

しかし、現時点でもし目的があり、叶えたい気持ちがあるのであれば、叶えられる確率をあげる必要があります。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190808/20190808211658.jpg

 

目的を達成するなら、同じ目的を持った人の近くにいる事

そこで重要なのが「目標伝染」を意識する事です。

目標伝染」(厳密には目標と目的の意味合いは異なりますが、ここでは同義とします)は、他の人の目標に触れる事で、自分の目標が後押しされるような事です。

 

例えば、極端な話ですが、人の生活の為に全力で働く作業療法士になりたければ、同じ作業療法士で同じように働く人の近くに付くべきです。

 

同じ目的を持った人の近くに付く事で、自分の目的が後押しされる形になります。

また、目標伝染に加え、実際にその人の知識や技術を盗む事ができると思います。

 

可能であれば、指導を受ける事もできますよね。

そうしたように、先を行くプロの近くに付く事で、目的を実現する良い方法になります。

 

まとめ

まとめですが

目的があるなら同じ目的を持った人の近くについて指導を受ける

です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


健康と医療ランキング