「じゆうマン」の自由な習慣教室

不登校から人生逆転した作業療法士のじゆうマンが、あなたの仕事・趣味・休息・睡眠などの習慣に関わる悩みに対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

友人と距離を置きたいときに取るべき行動

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190829/20190829194825.jpg

こんにちは、じゆうマンです。

 

皆さんは普段さまざまな人と関わる機会があると思います。

その中でも仲良くしたい人も居れば、距離を置きたい人も居るのではないでしょうか。

 

今回は「特定の人と距離を置きたい場合はどうすれば良いですか?」という質問にお答えしたいと思います。

 

結論からいうと、距離や会う頻度などを短くしたり少なくしたりする事で、必然的に距離を置く事ができます。

では上記を深掘りしていきます。

 

友人との関係

皆さんは普段、どのような友人と過ごしていますか?

・仲の良い友人

・仲の悪い友人

・普通の友人

など、分かれるのではないでしょうか。

 

仲が良かったり、普通だったりする友人は、自分に対して精神的に問題となるような影響はないと思います。

しかし、仲の悪い友人だったり、普通でも自分に対して悪い影響を与える友人も居るはずです。

 

例えば極端ですが

・ギャンブルに誘われる

・好まない喫煙をしている

・他人に対して厳しい

といった事が挙げられます。

 

注意をしたくてもできなかったり、注意しても聞かなかったりする場合では、自分の力が及ばす、どうしようもありませんよね。

そうした場合、距離を置きたいこともあると思いますが、どうすれば良いのでしょうか?

 

友人と距離を置きたい場合にするべきこと

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190728/20190728190046.jpg

シンプルに言えば「距離を置けば」良いですし、具体的に挙げるならば

・距離を空ける

・会う頻度を少なくする

・会う時間を短くする

・不快にさせる

です。

 

隣にいることなく、たまに会うようにし、会っても少しの時間に留め、相手にとって嫌なことをすれば、自ずと関係性は悪化します。

 

例えばですが、高校時代に毎日一緒に楽しく遊んだ友人が居たとします。

大学に進学し、距離が離れ、一年に一回会い、会っても1日程度、どことなく自分と合わない感じがし、連絡も年に数回ならば、関係性が離れていく可能性が高いのではないでしょうか。

 

このように、上記のポイントを抑える事で、友人と距離を取る事ができます。

 

距離を取る前に

ただし、友人とは自分を成長させてくれる存在でもあります。

簡単に切ってしまうことは簡単ですが、友人を通して学ぶことも少なくないでしょう。

 

一緒にいることで相手から指摘を受けることもあります。

また、人生のヒントになることや、思わぬ人の繋がりを得る場合もあります。

 

あなたが人生において、より成長していきたいと感じ、友人と過ごしてよっぽど苦痛でなければ、関係を継続する必要性はあるかもしれません。

 

まとめ

まとめですが

友人との関係性を終わらしたいなら、距離や会う時間や頻度を減らすこと。しかし関係性を切る前に、しっかりと考えて行うべき。

です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


健康と医療ランキング