「じゆうマン」の自由な習慣教室

不登校から人生逆転した作業療法士のじゆうマンが、あなたの仕事・趣味・休息・睡眠などの習慣に関わる悩みに対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

仕事で話し掛けるタイミングはこう見る

スポンサーリンク

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/G/GUman/20190924/20190924124608.png

こんにちは、じゆうマンです。

 

皆さんは仕事で相手に話掛ける際に、「どのタイミングで話しかけよう」と迷った事はありませんか?

私も仕事の場面では、話しかけるタイミングに困り、結局ズルズル後回しになる事も少なくありませんでした。

 

今回は「仕事で相手に話しかけるタイミングがわからないけど、どうすれば良いですか?」という質問にお答えしたいと思います。

 

結論からいうと、相手の足の向きが重要だったりします。

では常上記を深掘りしていきます。

 

 

仕事で相手に話を掛ける

会社で仕事をしていると、多かれ少なかれ他の同僚へ話しかける場面が出てくると思います。

特に上司には何かと報告する必要がありますよね。

 

上司であれば気を使う場合もあると思います。

元々話しかけづらい上司であれば、より一層そうだと感じます。

 

しかし、全く話し掛けずに仕事が進む事も考えづらいです。

どのかでアクションを起こす必要がありますよ。

 

では話し掛けるタイミングを掴むには、どうすれば良いでしょうか。

 

話しかけるタイミングは足を見る事

一つの方法として相手の「足」を見る事です。

特に「向き」が肝心になって来ます。

始めに指摘しますが、この足に注目する方法は、話し掛ける相手の普段の様子を観察しておく必要があります。

 

例えば上司Aがいるとします。

他の人間が話しかけている際に、足の向きが相手に向いているか、そうではないかを確認しておきます。

 

もしその場面で足を相手に向けていれば、話しかけてもよく、話を聞いてもらえる状況と考えられます。

反対に足を相手に向けず、他の方向を向けていれば、話をしたくない合図かもしれません。

 

後者であれば、

・時間帯

・場所

・前後関係

などをわかる範囲で把握しておくと良いです。

 

例えば相手が朝が苦手かもしれませんし、移動中の廊下で急いでいたかもしれません。

またその状況の前、あるいは後に会議があったかもしれません。

 

上記の要因は一部かもしれませんが、足の向きが話し手に向いていなければ、その上状況を避けて話し掛けるタイミングを狙っていくと良いです。

 

人によって話しかけて良いタイミングが違いますし、そのタイミングを知り、相手が心地よい状態で話をすれば、仮に交渉事でもスムーズに運びやすいですよね。

 

まとめ

まとめですが

仕事で話し掛けるタイミングがわからなければ、相手の足をよく観察しておくこと

です。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


健康と医療ランキング