元不登校・じゆうマンの習慣教室

元不登校で作業療法士のじゆうマンが、学校・仕事・趣味・休息・睡眠など、健康に関わる問題に対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

【趣味がないあなたへ】自分の「興味」から趣味を考える

人が座り込んでいる

こんにちは、作業療法士のじゆうマンです。

 

突然ですが、あなたは今現在、趣味と言えるものはありますか?

 

この記事を見た方は少なくとも趣味がなくて悩んでいる方と思います。

私も一時期趣味がなく、ただぼーっと時間を過ごすだけの時がありました。

 

今回は

今、趣味がなくて困っているけど、どうすれば趣味は見つかりますか?

という疑問にお答えしたいと思います。

 

結論からいうと

まず自分の興味を改めて考えて見てください。そこから趣味につながるものが見えて来るかもしれません。

では上記を深掘りしていきたいと思います。

 

趣味がなくて困る

この記事を読んでいる多くの人が「趣味がない」ことに悩んでいると思います。

仕事終わりや休日に何もすることがなく、ただ寝て過ごしたり、テレビを観て過ごしたりしているのではないでしょうか?

 

そのような習慣を送っている中で、

・暇

・つまらない

・楽しくない

といった気持ちになることも少なくないと思います。

 

この状態はつまり「作業のバランス」が崩れている状態であると考えられます。

作業のバランスとは、私たちは生活で多くの「作業」を行っています。

 

この作業とは

・仕事

・余暇

・日常生活の活動(食事、入浴など)

・休息

といったようなものが挙げられます。

 

一概に「この作業が〇〇%なければならない!」といったことではなく、それは個人によって異なります。

 

しかし、例えば1週間の内、大半を仕事と休息が占める生活のバランスであればどうでしょうか?

「仕事だけの生活」「仕事をしてただ食べて休むだけ」と感じる人も少なくないのではないでしょうか ?

 

つまり、作業バランスはあなたの人生を考えた時、生活に対して健康や幸福といったところにも繋がっている大事な要素であることが言えるのではないでしょうか。

 

趣味を見つけ、それを日常の習慣の中に入れることは、とても大切なことであることが考えられます。

 

趣味を探すには、まず自分の「興味」を探る

電球が点り、閃いている状態

ではどうすれば趣味ないあなたでも、趣味を見つけることができるのでしょうか。

 

その方法の一つとして、まず「興味」を探ることです。

興味とは「人が行うことに楽しみや満足を見いだすこと」とも言われます。

 

あなたにとって楽しく、満足する活動をまず考えてみてください。

これまでの人生で、上記に当てはまる活動はありませんでしたか?

 

幼稚園に始めり小学生、中学・高校生と成長する中で何かしら該当する活動を1つは行って来たと思います。

それは一人で行う活動、大人数で行う活動を問いません。

 

「そんなものない!」といった人も居るかもしれませんが、これまで全く感情が動かなかった人は少ないと思います。

 

こうしてこの記事を読んでいるのも、パソコンやスマートフォンに興味があった土台があったからこそ、「記事を読む」という活動を行っていると考えられます。

何も興味が無いのにそれらを手に取ったりはしないはずですよね。

 

あなたは少なからず何かに対して興味があり、作業を行っていることになるのではないでしょうか?

ですのでまずこれまで生きて来た人生を見直し、興味を探るところから始めてみて下さい。

 

上手くいけば、自分にとって楽しく、満足するものが見つかるかもしれません。

 

それでも興味が無いという人は

しかし、それでも「楽しいものなんてなかった!」「満足することなんて無い」という人も居るかもしれません。

 

その場合には、新しく興味を作り出す必要があります。

一つの方法としては、この興味につながるあなたの「価値」「自信」などを変えると良いです。

 

そもそも価値は「人が行うために重要であり、意味があると見出したもの」とされます。

楽しみや満足と少し近いかもしれませんが、あなたがこれまで生きて来た中で重きを置いて来た事はありませんか?

 

例えば「〇〇が大事」といった感じです。

 

私で言えば一人でいることに「価値」を置いています。

必然的に日常生活上でも、一人で行う作業が増えているような気がします。

・喫茶店

・漫画喫茶

・本屋

といった具合です。

一人で過ごすことで気が休まりますし、ある意味での「楽しさ」だったりします。

 

このように価値も振り返ることで、趣味を創り出すきっかけになるかもしれません。

 

もう一つの「自信」ですが、例えば「昔挑戦したけど諦めた」作業って皆さんありませんか?私もよく3日坊主で終わってしまうことがよくあります。例えば「ジムに通ってみたけど、結局辞めてしまった」といった具合です。

 

こうした経験から新しいことに取り組むことを辞めてしまい、無意識のうちに遠ざけていることも予測できます。

 

小さな事でも良いのでまずは取り組んでもらい、少しずつ自信をつけて、どんなことにも挑戦できる自信を持ってもらうことも大切であると考えられます。

 

そうすることで、「新しい興味」を抱く事ができるかもしれません。

 

まとめ

まとめですが

・まずはあなたの興味を振り返る

・興味がなければ、価値や自信を高めて、新しい興味を創る

です。

 

ただし、無趣味でも不幸な事では無いです。

焦らず新しい自分を見つけていきましょう。