元不登校・じゆうマンの習慣教室

元不登校で作業療法士のじゆうマンが、学校・仕事・趣味・休息・睡眠など、健康に関わる問題に対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

どんな仕事がやりたいか判らない人へ【仕事の探し方】

家のベッドでぼーっとしている女性


こんにちは、作業療法士のじゆうマンです。

 

今あなたは自分が何の仕事をやりたいかわからない、と感じる人はいませんか?

 

私も学生時代にやりたい仕事ももなく、「ただ働くのか」とぼんやりしていた時期がありました。

 

 

今回は

「自分がどんな仕事をしたいかわからない。どうすればやりたい仕事を見つけることができますか?」

というご質問にお答えしたいと思います。

 

結論からいうとまず自分が行動する上での核となる価値を考えましょう。価値が判ればやりたい仕事が見えてきます。

 

やりたい仕事は「価値」から考える

やりたい仕事を探す方法は、結論からいうとあなたの「価値」を考えることです。

 

価値とは、人が行うために重要であり、意味があると見出したものとされています。

 

つまり価値はあなたの行動を決定づけるものであるとも言えます。

 

例えばよく考えられるのが災害時に

・募金をする、あるいは募る

・現地へボランティアに行く

といった感じです。

 

この行動には背景、つまり価値があり、「人を救う」や「助ける」といった強い信念があり、募金やボランティアといったことをしていると考えられます。

 

一方で災害時に「大きなイベントは自粛すべき」と考える人は、悲しんでいる人がいるのに楽しんではいけないと「周りと合わせる」などの価値が高いと思われます。

 

あくまで一例ですが、人は価値に基づいてある行動を起こしているということです。

 

価値は過去・現在の自分にヒントがある

歩み出している男

けど価値なんて今すぐ浮かばない」という人もいるはずです。そんな人は

・過去の自分

・現在の自分

を考えてみてください。

 

過去の自分

生きてきた人生において、自分のしてきた行動を振り返ってみてください。学校生活はもちろん、プライベートで行なってきた行動です。

 

恐らく何かしら行動をしており、「これは結構していた」ということってありませんか?

 

例えば

・勉強は頑張った

・バイトをよくしていた

といった感じです。

 

勉強やバイトだけでなく、もっとコアで専門的なことでも構いません。少なからず「これは自分にとって大事だった」と感じることを思い出してみてください。

 

それがあなたにとって価値のあるものかもしれません。

現在の自分

勿論、今のあなたも価値は持っています。

 

ただ昔の自分とは価値が異なり、中には全く違う行動をしている人も少なくないと思います。

 

もし直ぐに浮かばない人は、例えば今あなたが行なっている1週間の行動を考えてください。

・買い物

・自宅

といった様に、買い物ではよく行く場所、よく買う物です。また、自宅ではテレビならよく観る番組、スマホならよく観ているサイトから連想してみてみると良いです。

 

私の場合は小さい頃からモノを作ることが好きで、それを活かせる作業療法士を選びました。作業療法士はモノ作りを治療に応用することができ、価値と仕事が上手くマッチしたということです。

 

価値は他のパラメーターからも影響あり

また、価値は独立した要素ではありません。

・興味

・自信

などからも大きく影響を受けます。

 

興味」は楽しみや満足を見いだすこと、「自信」は活動に対して自分がどれだけ上手くできるかなどのことです。

 

例えばあるスポーツを初めてした時、それが自分にとってとても楽しい活動であったとすると「もっとしたい!」と感じることが考えられますよね。

 

この場合は、そのスポーツを生活の中で行うことが、価値のあるものへと変化していく可能性があります。

 

また、あなたが何事も自信がなく取り組んでいるとすると、行動自体を小さい範囲へ留まらせるものになります。

 

あくまで一例ですが、あなたの価値はそのほかの要素も大きく影響していると考えられるんですね。

 

環境を変えてみる

もし価値を考えても見つからない方は、「環境」を変えてみて下さい。

 

環境はあなたが過ごす場所でもあります。ある環境にいれば、その環境から常に刺激を受けることになります。

 

例えば自宅に居れば、自宅からの刺激が常に入ることになります。また仕事場や学校も勿論です。良くも悪くも、そこから刺激を受けているんですね。

 

環境を変えることで、今まで受けていなかった刺激を受けることになり、新しい価値を生み出すきっかけを生むことができます。

 

価値から仕事を考える

もう一度振り返りますが、価値は人が行うために重要であり、意味があると見出したものです。

 

もしあなたにとっての価値がわかったなら、それはあなたが仕事を選ぶ上で重要なポイントになるかもしれません。

 

一方で、価値がわからないという方も、環境を変えていくことで、価値をアップデートできると考えられます。

 

ただ仕事をする、ただ働くのではなく、自分にとって価値のあることを選び、仕事にしてみませんか?

 

まとめ

まとめですが

・仕事を探す前にあなたの価値を考える

・価値は過去、そして今の自分から考える

・価値は興味や自信、環境の影響も受けている

 

人生は何度もやり直せませますが、早い段階で自分にとって価値のある仕事に就ければそれに越したことはありません。

一度、価値を振り返ってみてはいかがでしょうか。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


健康と医療ランキング