元不登校・じゆうマンの習慣教室

元不登校で作業療法士のじゆうマンが、学校・仕事・趣味・休息・睡眠など、健康に関わる問題に対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

不登校への対応を考える【自信の視点から】

落ち込んでいる少女

こんにちは、作業療法士のじゆうマンです。

 

今回は不登校のお子さんへの対応を考えていきます。私は中学時代に不登校を経験しており、現在は作業(仕事、余暇、休息、睡眠)などを改善させる作業療法士をしています。

 

そんな私が「不登校中の学生がいるけど、どう対応したら良いかわからない」といった気持ちを少しでも改善させられる様、話を進めます。

 

不登校への対応は自信を高める様にする

結論からいうと、不登校への対応の一つとして「自信」を高めていくような対応をします。

 

その理由として

・学校に通えなくなった体験

・勉強ができなくなった(遅れている)体験

・何度トライしても不登校を改善できない体験

などががあり、不登校をしている学生は、多くの失敗体験を積み重なっていることが挙げられます。

 

 

私もそうでしたが、学校に通うために何回かトライしましたが、どれも失敗に終わっていました。それは「失敗体験」として蓄積していきました。

 

 

恐らく、不登校中の学生は、少なからず失敗を経験している場合が考えられ、自信を高めることが必要です。

自信を高めることで行動が拡がる

太陽と大きく体を広げた女性


では何故、自信を高める必要があるかというと、一つの理由として行動が拡がるためです。

 

例えばテストで高得点が取れると、それが自信となり「次も頑張ろう」や「別の教科も頑張ってみよう」と、更に難しい行動や新しい行動へ移そうとするかもしれません。

 

一つの体験が「成功体験」となり、それがその人の自信に繋がり、新しい行動へと繋がっていきます。

 

これは不登校にも当てはまることで、「外に出れた」「自宅でも勉強ができた」といったものでも成功体験となり、自信を高めることに繋がり、次の行動へと繋がることが考えられます。

 

 

体調も自信に影響する

しかし、単純に成功体験を積むだけでは改善しません。

 

例えば極端ですが

・歯が痛い

・ぼーっとする

・とにかく寝たい

時に、いくら行動してもそちらの方に意識がいってしまいます。

 

体調を万全にした状態で、物事に取り組むことにより、成功体験へと繋がりやすくなります。

 

何事も行動をするには心と体がベースになっており、そこを整えることも自信を高める上では重要と考えられます。

 

体調を考える上で「食習慣」も大事な要素であることが言えます。下記の記事で触れているのでご覧ください。

 

www.guman.site

 

 

がむしゃらに自信を高めてはダメ

自信を高めていく上で、なんでも成功体験をつけて良い、というわけではありません。

 

自信を高めていくのであれば、当人が実際に楽しめるものや、重要にしていることを取り入れると良いです。

 

シンプルに楽しめないものや、どうでも良いことをしても、自信は高まりにくいです。感情も動きませんし、行動には繋がりにくいのではないでしょうか。

 

 

私は不登校時代に、フリースクールを勧められたことがありますが、どうしても興味が湧かず、通うまでには至りませんでした。

 

 

楽しさや重要に感じるものでなければ、そもそもその活動をしようとはしません。もし自信を高めていける活動を考えるなら、それらを考えることが必要になってきます。

 

下記の記事で触れているので、そちらもどうぞご覧下さい。

 

www.guman.site 

www.guman.site

 

 

環境も大事になってくる

また、環境も自信に大きいく影響しています。

 

環境には家や物などの「物理的環境」は勿論、人や集まりといった「社会的環境」があります。

 

シンプルに勉強がしたいのであれば、まず参考書やノートを与えてあげるのも良いですし、私のようにフリースクールに興味があれば、その場を探して紹介するのもオススメです。

 

それらを経験して勉強ができたり、フリースクールに通うことができれば、自信となり次の行動へ繋がります。

 

私たちは常に環境の中で過ごしており、良い刺激や悪い刺激もそこから受けています。不登校という現状を変えていく為に、少しずつ変えるのも一つの手段かもしれません。

 

自信は将来の作業に大きく影響する

仕事をしている男性

そして学生時代に積み上げた自信は、将来にも大きく影響します。

 

自信が低い状態で社会にでることになれば、その状態で社会の壁に当たることになります。

 

自信が低ければ、

・直ぐに諦める

・より自信を無くす

・ 働こうとしなくなる

といったことへ繋がることも考えられます。

 

あくまで個人的な見解になりますが、学校と職場では掛かる負担がかなり違います。職場では、職場の先輩や後輩といった人間関係は勿論、そこに仕事自体の課題が含まれてきます。

 

ある程度のスキルは勿論、それらを解決していくだけの自信が無ければ、継続していくことは難しいです。

 

ですので小さい頃に自信を少しでも積み重ねることが、仕事に就き始めた時に役立つことは、大いに言えるのではないでしょうか。 

 

まとめ

まとめですが

・不登校への対応は自信を高めるようにしていく

・自信を高めることで行動が広がる

・自信は環境などからも影響を受ける

・今の自信は将来へ繋がる

 

自信を高めてあげれる対応が、将来へ繋がります。

不登校であっても、少しずつ自信を高めていけるようにしてあげると良いかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


健康と医療ランキング