元不登校・じゆうマンの習慣教室

元不登校で作業療法士のじゆうマンが、学校・仕事・趣味・休息・睡眠など、健康に関わる問題に対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

子供が不登校になったら親はどうする?【できる気持ちを大切にしてあげて下さい】

喜んでいる子供

こんにちは、じゆうマンです。

 

簡単に自己紹介ですが、私は中学時代に不登校を経験し、現在は作業療法士として活動をしています。

 

 

今回は

現在、子供が不登校になり、どう対応したら良いかわかりません

といった悩みにお答えできる内容をお伝えしたいともいます。

 

 

結論から言いますが、少しずつ自信を高めてあげられるように考えてあげてください。自身の積み重ねが、将来に繋がります。

 

では上記を深掘りしていきます。

 

子供が不登校になったら、自信を高めてあげる

繰り返しますが、子供が不登校になった場合は、自信を高めてあげて下さい。

 

その理由として自信は

・物事への取り組み

・挑戦

・行動

といったところへ関係しているからです。

 

例えば、自信があれば「自分にはこれくらいの能力がある」と考え、新しい物事へ取り組み、どんどん挑戦する姿勢が芽生えます。

 

そして「また次の活動もやってみる」と、次の行動へ繋がっていきます。

 

私もそうでしたが、不登校になることが「失敗体験」となり、「学校にも通えない」という自信を低下する一因となります。

 

自信が低下したなかで、「自分は何もできない」と、今後の物事の取り組みに影響を及ぼす可能性があります。

 

 

私の場合は、不登校になり、フリースクールを勧められました。しかし、よくわからない場所に行き、自分がそこで動いているイメージが持てず、自信が無かった為に通うことはしませんでした。

 

 

極端ですが、大きな自信があれば、フリースクールや学校にも通うことができるかもしれません。ですが自信がないことで、その活動に対して拒否を示すことも少なくないのではないでしょうか。

自信は「作業」を行う上で、大事な要素の一つ

こうした自信は「作業」を行う上で大事な要素の一つです。

 

ここでいう作業とは

・仕事

・遊び

・日常で行う身の回りのこと

・休息

・睡眠

などのことを示します。

 

こうした作業と自信は、例えば仕事ならば、何かしらある課題を遂行する中で「これならできる」「これは難しそう・・・」といった様に感じることがあると思います。

 

自信が高ければ前者の様に感じるかもしれませんし、自信が低ければ後者の様に感じることも考えられます。

 

そこで作業を続けるにしても、一人で行うのか、周囲に助けを求めるのか、最悪諦めるのかといった様に、行動の選択にも関わってきます。

 

自信一つでその人の作業は大きく変化します。

不登校という作業も、自信一つで変化をもたらせる可能性があるということなんですね。 

興味や価値観も、自信に影響する

勉強する子供

作業には自信の他にも「興味」や「価値観」も大きく関わります。

興味は楽しいと感じるもの、価値観は重要と考えるものです。

 

例えば

・食事を取るのは楽しい(興味)

・料理を作るのは楽しいし、やらなければならない(興味、価値観)

・美味しいものを食べさせてあげたい(価値観)

といった感じでしょうか。

 

これらの興味や価値観は、に自信にも影響します。

 

極端ですが、興味も価値観もなければ、特定の活動を行うことはなく、ぼーっとする時間が大半になるかもしれません。

 

しかし、楽しい料理を作り、人に美味しいものを食べさせてあげたいという興味と価値観があれば、料理をして食事を提供する作業を行います。

 

そして「今日はうまくできた」「ここが良かった」と、自信を高めていくことでしょう。こうした自信は次に繋がり、次の活動へチャレンジしていくかもしれません。

 

環境を調整することも重要

また周囲の環境も大切になります。

 

上で挙げた例として、料理でもキッチンや調理器具、食材が環境として関わります。また、手伝う人がいれば、その人も環境の一部となります。

 

環境次第でその人の作業は良くもなり、悪くもなり、勿論、自信にも影響を及ぼすということです。

 

こうした環境を調整することも、作業をする上では大事なんですね。いきなり全てを揃えることはないですが、作業によってはある程度必要となる場合があります。

自信を高める過程での心身

こうして自信をはじめ、作業を行う中で体や心も関わります。

 

つまり、私が不登校中に経験した

・疲れ

・不安

・睡眠障害

なども関係しています。

 

体が不調であれば、自身が低くなる可能性がありますし、反対に万全であれば自信は高まりやすいです。

 

自信はこうした心身をはじめ、興味や価値観、環境などを複雑に絡み合い、一つを変えるだけで、他も大きく変わる可能性があります。

 

仮に心身から整える必要がある場合は医学的な管理が必要となり、専門の医師の指導が大切になる場合もあります。

 

全てのケースは、個々の対応が必要であることを念頭に置いて対応してください。

自信を高める上での例

私の例を元に考えて見ますが、中学の2学期から卒業まで不登校を経験していました。主訴は不安や疲れといった所です。

 

幸い、高校の入学と同時に、不登校を解決することができました。

 

元不登校の人間として考えると、まず「不安や疲れ」といった所の改善が第一に必要だったと思います。

 

今なら診療科に掛かり、自律神経やホルモンの影響をより深く対処してれば、何かしら問題点が見つかったのではないかと考えています。

 

食習慣もお菓子やジュースが中心でしたし、栄養の偏りも著明でした。

 

こうした心身の調子を整え、訳のわからない心身の状況を改善させた上で、保健室登校やフリースクールなどの場所や施設を使い、段階的に自信を高めさせていけば、違った結果になったかもしれません。

 

不登校の背景とされる原因の「原因」には根本的な心身が関わっており、仮に栄養が不十分な体で学業を再開しようとしても、作業を行う上で自信をはじめとした要素が、マイナスに働くことが考えられます。

 

私の経験はあくまで一例ですが、なぜ子供が「不安」なのか、なぜ子供が「疲れているのか」といった原因をよく考えた上で、接してあげることが大事だと考えられます。

 

まとめ

まとめですが

・子供が不登校になったら、自信を高めてあげるようにする

・作業に自信は大事な要素の一つ

・自信には様々な要素が絡み合っている

・不登校の本当の原因を探ることが、子供の現状を解決する糸口なる

 

自信があれば、長い人生においての行動力に繋がります。

今回紹介した自信をはじめ、子供をトータルでみて上げながら、改善させて上げれると良いですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


不登校・ひきこもりランキング


健康法ランキング