元不登校・じゆうマンの習慣教室

元不登校で作業療法士のじゆうマンが、学校・仕事・趣味・休息・睡眠など、健康に関わる問題に対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

不登校でも楽しみを見つけて将来へ繋ぐ

子供が楽しそうに遊んでいる

こんにちは、じゆうマンです。

 

簡単に自己紹介ですが、私は中学生時代に不登校を経験し、今は作業療法士として活動しています。

 

現在、不登校中のお子さんを持ち、悩んでいる保護者の方も多いのではないでしょうか。

 

今回は

「不登校の子供がいるけども、将来が不安です」

といったお悩みにお答えしたいと思います。

 

 

 

不登校でも楽しみを見つけてあげる

結論からいうと、お子さんの将来のために、不登校でも楽しみを見つけてあげてください。

 

つまり「興味」です。

ここでいう興味とは「人が行うことに楽しみや満足を見いだすこと」を言います。

 

例えば

・体を動かすこと

・頭を使うこと

・何かを表現すること

・挑戦できること

などです。

 

私もそうでしたが、不登校の期間は正直いうと何もすることがありません。

厳密に言えばゲームやテレビで時間を使っていますが、それは「楽しみ」と言えるものではありませんでした。

 

毎日昼前に起きて、遅がけの朝食をとり、ゲームやテレビで時間を消費する。そして遅がけに寝る毎日が続くわけです。

 

全ての不登校の学生がこうした習慣ではないことは確かですが、中にはこの様な状況に置かれている学生がいるのも現実だと思います。

 

もし、あなたのお子さんがこの様な習慣になっているのであれば、「楽しみ」を考えてあげる必要があるかもしれません。

 

楽しみは生活を変える

もし楽しみとなる活動が習慣となれば、その子にとって生活は大きく変わります。

 

一つイメージしてもらいたいのが、今あなたにとって楽しみとなる活動を一つ思い浮かべてみてください。

 

 

もしそれが全く行うことができなくなることを想像します。

 

 

どうでしょうか。

その一つの楽しみとなる活動が習慣の中から無くなるで、穴の空いた生活を感じることになったと思います。

 

楽しみ、つまり興味は、毎日の行動を動機付ける上で大事な要素であり、その興味が私たちのエネルギーとなっているとも言えるのです。

 

そうした興味を探すことで、生活は大きく変わっていきます。

 

楽しみを作るには

草むらの中に少女

こうした楽しみを考えてあげるには、お子さんのこれまでの人生を考えてあげましょう。

 

楽しみは、これまで蓄積されてきた経験から発生するものでもあります。

 

例えば

・体を動かすこと

・頭を使うこと

・何かを表現すること

・挑戦できること

と先に挙げましたが、体を動かすことが好きなお子さんは、小さい頃から外で遊んだり、スポーツに取り組んでいたと思います。

 

頭を使うことが好きな場合は、読書や学ぶことをよく行なっていたのではないでしょうか。

 

表現することが楽しみな子は、絵を描いたり、何にかを製作したり、手を使った活動をよくしたと考えられます。

 

挑戦的な子は負けず嫌いだったり、できなくても諦めずに取り組み続けていたでしょう。

 

この様に、楽しみを考える上で、「この子はどういう傾向だったか」を考え、その傾向から興味を考えることです。

 

一つ「〇〇の活動が良いかも」と仮説ができれば、お子さんの性格も考慮しながら勧めてみるもの良いかもしれませんね。

 

楽しみによって将来が変わる

もし楽しみが見つけることができれば、将来が変わります。

 

少し大げさな表現ですが、あながち間違っていません。

楽しみができれば習慣が変わりますし、習慣が変わればそのほかの作業も変わります。

 

夜眠れず、朝起きるのが辛くても、日中に楽しめる活動を行いエネルギーを使い、夜しっかり寝ることで、朝の目覚めが良くなる可能性があります。

 

一つの作業は別の作業に繋がっており、今の習慣が変われば将来にも繋がっていきます。

 

もし仮に学生から社会人として仕事をするにあたり、一般的に規則的な生活習慣が求められます。

 

自由な時間に在宅ワークができれば良いですが、全ての人がその様な形にできるとは限りません。

 

楽しみを作り、今の習慣を変え、将来の仕事へと繋げる一歩を助けてあげることが、大事なサポートになります。

 

不登校という作業へと繋ぐ

将来というワードが出ましたが、もちろん不登校を改善することにも繋がります。

 

当時の私がなぜ、習慣が崩れていたかと考えると、やはり興味の持てる作業などが欠けていたからだと考えます。

 

体の疲れや睡眠の質が悪かったこともありますが、楽しみとなる作業があれば、少し変わっていたかと思う部分もあります。

 

上で挙げた様に、楽しみとなる作業を作り、生活リズムも多少は良くなっていた可能性も考えられます。

 

ですので楽しみのどの様なきっかけになるかはわかりませんが、結果的に不登校を改善させる形になればと思います。

 

不登校という作業は決して悪いものではなく、要は不登校でもどう考え、感じ、行動するかであり、楽しみをプラスすることで考えも感じ方も行動も変わっていきます。

 

まとめ

 まとめですが

・不登校でも楽しみを見つける

・楽しみは生活を変える

・楽しみによって将来が変わる

・不登校という作業へ繋いであげる

 

楽しみは生活を豊かにする、本人の大事な原動力です。

それを一緒に見つけてあげましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


不登校・ひきこもりランキング


健康法ランキング