元不登校・じゆうマンの習慣教室

元不登校で作業療法士のじゆうマンが、学校・仕事・趣味・休息・睡眠など、健康に関わる問題に対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

【不登校は不幸じゃない】不登校の学生へ【自信を高めましょう】

腕を組んだ少年

こんにちは、じゆうマンです。

 

簡単に自己紹介ですが、私は中学時代の大半を不登校で過ごしており、現在は作業療法士として活動しています。

 

突然ですが、皆さんは今、不登校で悩んではいませんか?

 

不登校中は自分に対する自信を失い、「何も出来ない・・・」と思われる学生も少なくないのではないでしょうか。

 

今回は

今、自分は不登校で、不幸と感じている。

という学生に対して、自身の不登校の経験を元にアドバイスを送りたいと思います。

 

 

不登校は不幸じゃない

結論からいうと、不登校は不幸ではありません。

 

そもそも不登校と感じるのは

・学校に通っていない

・勉強に遅れている

・周囲に迷惑をかけている

ことが関係していると考えられます。

 

いくつか挙げましたが、学校に通っていないことで勉強に遅れ、学校や親に迷惑をかけている状況が重なり、「自分はダメなんだ」と感じる人もいると思います。

 

不幸と感じるのは何か

不登校によって勉強に遅れ、周囲に迷惑をかけることもありますが、それによって自分の自信を失うこともあるのではないでしょうか。

 

自信は物事を行うにあたり、大事な要素となっています。

 

例えば

・これは出来そう

・これは無理

といった具合に、物事の「する・しない」に関わってきます。

 

自信が高ければ、新しいことに取り組む際に、「自分にはこれくらいの能力がある」と判断し、「やってみよう」となるわけですね。

 

これが低いと「自分の能力では到底無理」と考え、「やめておこう」となる訳です。つまり、不幸と感じる中には、積み重なった自信の低下も関与していると考えられます。

自信を高めるには

手を挙げた少年

自信を高める方法の一つとして「成功体験」が大事になってきます。

 

これはシンプルに成功の体験です。

 

例えば

・料理が出来た

・掃除が出来た

・片付けが出来た

といった感じです。

 

全く料理が出来なかった人が、時間をかけてでも一品のおかずを作り上げたとします。

その人にとってそれは「成功体験」となり、自信を高めることになり、次の活動に繋がります。

 

一つの成功体験が自信となり、「幸福」と感じ入ることにも繋がる訳です。

 

自信は他の要素も関わっている

また、自信には興味や価値観も関わっています。

 

ここでいう興味や価値観とは、

興味が、人が行うことに楽しみや満足を見いだすこと。

価値観は、行うために重要であり、意味があると見出したもの。

としています。

 

シンプルに言えば、興味は人が楽しいと思えるもの、価値観はその人が重要と感じ、行動するための核となるものです。

 

人はこうした興味や価値観、そして自信が行動に深く関わっています。

 

不幸と感じる中には、こうした要素が入っている可能性がり、これらを高めることで現状を「幸福」と感じることにも繋がります。

作業を考える

鉛筆を持った少年

興味や価値観、そして自信を表すのは人の「作業」です。

 

そもそも作業とはあなたの

・仕事

・学校

・身辺動作

・休息

などが含まれます。

 

また、これらの作業は日課として行われます。

つまり、一日、一週間、一ヶ月、一年と、半自動的にパターン化されて作業が繰り返されます。

 

作業はあなたを表すものであり、そのバランスが崩れるほどあなたにとって大きな影響をもたらします。

 

不登校もその一例で、ずっと自宅にいるだけでも、運動や勉強はもちろん、人との交流も制限されます。

 

不登校の中でも幸福と感じるには、まず人の作業を全体でみる必要があります。

将来を考える

もし不登校で不幸と感じるなら、今に焦らず将来を考えてください。

 

あなたの人生は母親のお腹のから始まっており、今までで多くの経験を積み重ねています。

不登校という経験も、その経験の一部であり、その経験が将来へ繋がります。

 

今の習慣、そして作業は将来に繋がり、将来の作業(仕事、家事、家庭など)へ大きなアドバンテージになるはずです。

 

 

私は不登校という経験をしたことで、作業が出来ないこと、したくてもやれないことの辛さがわかるようになりました。

 

 

不登校=不幸という考えが抜けないかもしれませんが、この経験はきっと将来に役立ちます。それは不登校をしていない学生には、その経験がないからです。

 

例えば

・学校に通わない経験

・孤独な経験

・勉強が遅れる経験

・人と関わらない経験

挙げていけばこの他にもありますが、これらはあなた特有の経験として蓄積されます。

 

その経験がきっと将来新しい壁に当たった時に役に立ちます。「不登校時代に比べたら、今の方がまし」と思えるかもしれませんね。

 

まとめ

・不登校は不幸じゃない

・不幸と感じるのは自信が低いから

・自信を高めるのは成功体験

・少しずつ将来を考えて進もう

 

ちょっとでも自信を高められるような生活を送りつつ、少しずつ社会に目を向けながら生活ができていけると良いかもしれません。

人生は長く100年時代とも言われており、長期的な計画で人生を謳歌してみませんか?

このエントリーをはてなブックマークに追加


不登校・ひきこもりランキング


健康法ランキング