元不登校・じゆうマンの習慣教室

元不登校で作業療法士のじゆうマンが、学校・仕事・趣味・休息・睡眠など、健康に関わる問題に対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

不登校は不幸じゃない【過ごす場所から多くの経験を得られます】

屋内のカーテン

こんにちは、じゆうマンです。

 

現在、皆さんは不登校で悩みを抱えていませんか?

中には「不登校で自分は不幸だ」と感じている学生も少なくないと思います。

 

 

私は中学生時代に不登校を経験し、現在は作業療法士として活動をしており、そんな私が今回「不登校は不幸ではない」というテーマでお話していきたいと思います。

 

 

結論からいうと、不登校は不幸ではなく、今あなたが過ごしている環境でしか経験できないことがあり、それが将来に役立ちます。

 

不登校は不幸ではない

改めてお伝えしますが、不登校は不幸ではありません。

 

幸福の定義は人によって様々ですが、不登校を経験した私が感じるのは、不登校を経験したから今の「幸福」があると思っています。

 

もちろん、不登校という現状だけをみると

・自分だけ学校に通っていない

・人と違う生活をしている

・周囲に迷惑をかけている

・肩身が狭い

といったことがあります。

 

不登校から脱却し、登校できることがベストかもしれませんが、仮に無理に登校したことによって状況や心身の状態がより悪化するかもしれません。

 

不登校は無理やり変えるものではなく、むしろその経験を自分へ取り込み、良い方向へと導くための「武器」にしなければなりません。

 

良い方向とは現状だけでなく、遠い将来を含めてです。

いかに不登校という人になはい「武器」を携えて、将来へと挑むかが大事なんです。

 

あなたと「環境」

 不登校という状況、言い方を変えれば「環境」はあなたと密接に関係しています。

 

その環境からは情報や経験を得ることができ、人によって異なりますが、

・何故不登校になったのか

・どうすれば不登校を脱却できるのか

・脱却できなくても、何か進む方法はないか

と、多くの選択肢を与えてくれます。

 

中には病気や障害によって登校できない学生も少なくないと思います。

また、家庭環境やいじめによって登校ができない人もいるでしょう。

 

その経験はとても辛く、大変なものかもしれません。

 

それぞれの学生によって状況は異なりますが、それでも長い人生を生きていく必要があります。

環境は私たちが過ごす「空間」、または「時間」であり、どのようにその空間と時間を使えば、前に進めるかという情報を与えてくれます。

 

そしてその情報を捉え、考え、上手く使うかが、不登校の学生にとっては大事なんです。

 

環境での作業を考え、活かす

屋外の森林

あなたは自宅や屋外といった様々な場所で過ごしていると思います。

 

その中には多くの作業があり、習慣化されて行われて言います。

ここでいう作業とは

・仕事

・遊び

・身辺動作

・休息

・睡眠

などです。

 

 

例えば朝起きてから歯を磨き、朝食を食べ、漫画を読んだりゲームをしたりといった具合です。毎日当たり前のように行なっている事ですね。

 

 

それは不登校という中で行う作業であり、おそらく「習慣」としてパターン化して行なっているものだと思います。

 

不登校の学生の多くは自宅で過ごすことが大半だと考えられますが、私もほとんどを自宅で過ごしていました。

 

もし仮に今「不登校で不幸だ」と感じている学生がいるなら考えてみてください。

不登校だから」不幸と感じるかもしれませんが、その前に今自宅で過ごしている作業を十分に楽しめていますか?

 

不登校を気にするあまり、今の環境で行う身近な作業が見えなくなっていませんか?

まず朝起きる素晴らしさ、食事ができることの楽しさ、休めることができる喜びなどを感じることができていますか?

 

将来、あなたが仕事をする時期になった時に、様々な事情で仕事から離れなければならないかもしれません。

その時に、今の不登校の経験を活かし、仕事から離れることになっても、次に進む力が必要になってきます。

 

不登校は、その力を養うに為にとても大事な経験になります。

毎日の作業の大切さ、不登校でも前に進む力をつけ、将来の仕事に活かす・

 

それが今の環境から得られるものなんです。

 

今、不幸と感じる中で、「今らから経験できることあるし、幸せ」と感じることができれば、それは大きな一歩だと思います。

不登校ではなく「生きる」へ

過去の経験も、今の経験も、未来へ繋がっていきます。

 

それが「あなた」を作り、あなた自身が行うことを方向付けていきます。

不登校という一部の作業にとらわれることなく、一日、一週間、一ヶ月、一年と、生きること全体を考え、自分を作りあげていってください。

 

その中で不幸と感じていたのが「〇〇やりたい」と、新しい目標ができるかもしれません。

不登校はあくまで人生の一部で、一度自分が過ごす環境を見直して、そこからどんな経験を得られているかを再確認してみてください。

 

もし余裕があれば、環境を変えてみるのも良いですし、それもきっと無駄な経験ではなく、あなたを将来に導いてくれる環境だと思います。

 

まとめ

・不登校は不幸ではない

・あなたと環境は密接に関係している

・環境での作業を考えて活かす

・不登校ではなく「生きる」へ

 

不登校は不幸ではなく、あなたにとって特別な経験です。

胸を張って前に進みましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加


不登校・ひきこもりランキング


健康法ランキング