元不登校・じゆうマンの習慣教室

元不登校で作業療法士のじゆうマンが、学校・仕事・趣味・休息・睡眠など、健康に関わる問題に対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

不登校は不幸じゃない【あなたを作り上げる大事な過程】

ブランコ

こんにちは、じゆうマンです。

 

簡単に自己紹介ですが、私は中学生時代に不登校になり、現在は作業療法士として活動をしています。

 

現在、不登校で自分のことを「不幸」だと感じている方はいませんか?

人と違う生き方で、何もできない現状からそう感じることもありますよね。

 

 

私も不登校の時は、不幸だと感じることがありました。「将来はどうなるんだろう」など、ほとんども幸せを感じることができませんでした。

 

 

今回は

不登校は不幸じゃない

というテーマで、皆さんにお伝えしたいと思います。

 

 

結論からいうと、不登校は不幸ではありません。自分を築き上げていく上で、大事な時期です

 

では上記を深掘りしていきます。

 

不登校は不幸じゃない

繰り返しますが、不登校は不幸ではありません。

 

今不登校で、「自分は不幸だ」と感じる人はなぜそう感じるのでしょうか?

・学校に通っていない

・人と違う生活

・やりたいことができてない

など、様々な理由があると思います。

 

 

私も学校に通っていない時期は、このようなことをよく考えた時期がありました。

学校に通わず、ずっと家にこもり、何もしない生活が続いていたためです。

 

 

しかし、実際には必ず学校に通っていなくてもいいんです。

命が取られる訳でもありません。

 

確かに、一般的な生き方とは違うかもしれませんが、それも一つの生き方だと思います。

その生き方しか見つけられない価値観もありますし、その価値観が新しい人生の道を作り上げてくれます。

 

私は不登校でなければ作業療法士にはなっていないですし、これも巡り合わせなんです。

不登校が作業療法士を選ぶ価値観を作ってくれたと、今では感じています。

 

 

不登校は大事な人生の一部

不登校は

・学校に通っていない

・人と違う生活

・やりたいことができていない

などがあることを挙げましたが、この経験をすることも大事なことです。

 

普通」に学校に通っていれば、人と違う生活にはなりませんし、ある程度やりたいこともできると思います(家庭環境などによって左右されますが)。

 

ただ不登校であることで、不登校でしか経験できないことがあり、学校に通わないことや人と違う生活をすることがきっかけで、新しい視点が生まれます。

 

人は経験の中で新しい楽しみや意味のあるものを見つけることができ、不登校で経験したことがあなたにとって特別な楽しみや意味のあるものを導いてくれます。

 

そういったことからも、不登校は大事な人生の一部なんです。

 

今は将来に繋がる

こうした不登校の経験は、将来へと繋がっていきます。

 

不登校の経験を通して発見できた楽しみや意味のあるものなどは、あなたの生活へと関係します。

 

 

私の場合は中学で不登校になり、高校へ進学した後、作業療法士の養成校を偶然見つけることができ、今に到っています。

 

 

もし不登校でなければその高校には通わなかったかもしれず、その高校に通っていたからこそ、発見できた道でもあると感じています。

 

不登校は一見停滞しているように感じますが、将来自分にとって「あの時は必要な時期だったんだ」と感じることができると思います。

 

生きた道があなたを作る

夕日

生まれてからこれまでは勿論、これからの人生は常にあなたを作る道となります。

 

どんな経験も無駄ではなく、一つ一つが積み重なり、あなたを形成していきます。

良い経験、悪い経験は全て繋がっていきます。

 

それらの経験は、これからの自分がどうしたいか、どうなりたいかといったことを現していきます。

 

例えばもし不登校を経験することで、人の痛み、人の心を感じることが少なからずできると思います。

 

その経験が、人を支援する仕事に就かせる目標を作り上げるかもしれません。

 

あくまで一例ですが、生きてきた人生は決して無駄な時間はなく、将来の自分へ繋ぐための時間と考えて下さい。

 

あなたを現す作業を見つける

最後に私が作業療法士のため、少し「作業」について触れたいと思います。

 

作業とはあなたが行う

・仕事

・遊び

・身辺処理

などです。

 

極端に言えば、経験する全てですが、生きる時間は全て作業に関係しています。

今、不登校という作業を行なっている中で、何かを感じ、考え、行動をしているはずです。

 

不幸と感じる中でも、きっと楽しいと感じ、意味があると考え、行動することができることがあると思います。

 

不登校は人によって境遇が違うため、残念ながら一概には答えを伝えることができません。

 

ただ、今の経験を無駄にせず、その経験を将来に活かし、自分を現す作業を見つけて下さい。

 

例えば

・「〇〇の仕事が楽しい」

・「〇〇の趣味は特別」

・ 「毎日〇〇は欠かさずやっている」

といった感じです。

 

自分を表現できるような作業を沢山見つけて、毎日を充実させて下さい。

勿論、現状をすぐに解決することは難しいかもしれませんが、きっと今が将来に繋がるので、焦らず前に進んでいきましょう。

 

まとめ 

まとめですが

・不登校は不幸じゃない

・不登校は大事な人生の一部

・今が将来に繋がり、あなたを作る

・あなたを現わす作業を見つける

 

人生は一本の糸のように繋がっています。

その糸を使って人生という作品を作りあげていきましょう。

 

じゆうマン

このエントリーをはてなブックマークに追加


不登校・ひきこもりランキング


健康法ランキング