元不登校・じゆうマンの習慣教室

元不登校で作業療法士のじゆうマンが、学校・仕事・趣味・休息・睡眠など、健康に関わる問題に対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

不登校は不幸じゃない【今いるあなたの環境を大事に】

森林

こんにちは、じゆうマンです。

 

突然ですが今、不登校で悩んではいませんか?

不登校だと悩み、苦しい時期で、「自分はなんて不幸なんだ」と感じることも少なくないと思います。

 

私は中学時代のほとんどを不登校として過ごし、現在は作業療法士として活動しています。

 

 

今回は

「今、不登校で自分はとても不幸だと感じている」

という学生に対して、元不登校の私からアドバイスを送りたいと思います。

 

 


不登校は不幸では無い

結論からいうと、不登校は不幸ではありません。

 

幸福か不幸かというのは人それぞれではありますが、元不登校からすれば不幸では無いと感じます。

 

その理由として

・人と違う経験ができる

・人の痛みがわかる

・自由に時間が使える

・自分を見つめ直せる

などがあります。

 

この日本でいう「普通」であれば、学校に通って授業を受けて、部活をして塾に通ったりしますよね。

 

多分、大多数から見たらそれが幸せなんだと思います。私も当時はそう感じていました。

 

しかし、上記で挙げた理由を考えると、大多数の人と違う生き方をすることで、違う視点を学ぶことができ、不登校でも良いと感じやすくなります。

 

勿論、不登校期間中は辛いと感じます。そこから改善させていくのは勿論辛いです。ですがその期間中にしかできない経験がありますよね。

 

普通」から外れた人の痛み、自由に時間を使い、自分を見つめ直すこと。これは学校に通っている間では経験しにくいことです。

 

私はこれを不幸とは思いませんし、その時期があったらこそ、今素晴らしい仕事である作業療法士として活動できています。

その時期が無かったら、恐らくつまらない仕事に就いていたと感じています。

確かに不登校では経験が限られる

ただ、確かに不登校では「普通」で得られる経験が限られます。

 

繰り返しますが、例えば

・学校に通う

・授業を受ける

・部活に通う

・塾に通う

などです。厳密には塾は学校に通わずともいけますが、こうしたことが経験できませんよね。

 

学校では、周囲の友達や教師と交流し、交流技能を学ぶことができます。それは学校から社会にでた時に、少なからず必要になる能力かもしれません。

 

実際の場面での経験は、体に記憶されますし、大きな財産になります。不登校であると、その点はデメリットになる可能性も考えられます。

不登校で見つけられる環境

机と鉛筆

しかし、不登校でも社会的な技能を全くつけられないことはありません。

 

これは保護者の方とよく相談する必要もありますが、外に出で行動することも立派な社会を生きる上での技能を学ぶ機会となります。

 

例えば

・買い物

・習い事

などです。

 

買い物なんかはよく服を買いに行くと店員さんから声をかけられますよね。「どんな服をお探しですか?」「こんな服が今流行りなんです」といった感じにです。

 

初めは正直「苦痛」と感じるかもしれませんが、その商品や相手を知るにあたり、少し質問をしてみてください。

 

これはどんな服と合わせると良いか」「一番人気の色は」など簡単な質問でも良いです。質問をすることで、その服や店員さんの傾向も少しずつわかってくると思います。

 

こうした買い物を通して、相手と話す能力を鍛えられるので、おすすめです。

 

習い事なんかも、もし余裕があればでよいですが、通ってみてください。学校に通っていなくても、習い事をしていても何も悪くありません。

 

もし好きなことであれば、通うべきですし、何より生活が豊かになります。興味のあることをすることは、あなたの人生においても大事なんです。

環境から新しいことを学ぶ

こうしたように、買い物や習い事に限らず、自宅から一歩外れて少しずつ経験できる幅を広げることをおすすめします。

 

そうすることで自宅だけで行なっていた習慣が変わり、新しい自分を見つけることができます。

 

環境はあなたにとって新しい刺激を加え、新しい活動を見つけてくれるかもしれません。

 

必ずしも環境を学校に絞る必要はありませんし、学ぶことは他の環境でも十分行えます。もし、余裕が出てきたら、学校に通えば良いだけです。

焦らず将来へ進む

環境を変えて行く中で、色々な自分が見えて来るかもしれません。

 

例えば

・こういう生活がしたい

・この仕事が楽しそう

・こういった活動に取り組んでみたい

などです。

 

それはあなたの興味や価値観、自信といった部分に変化が現れてきた証拠です。

人間、常に変化をしているので当たり前ですが、とても良い傾向だと思います。

 

勿論、周囲とよく相談する必要がありますが、周囲が許す範囲で実現可能ならば、取り組めるようにしてみてはいかがでしょうか。

 

不登校だからといって、立ち止まる必要はありません。少しずつ、進んでみてはいかがですか?

あなたの体は健康ですか?

屋外にいる少女

最後にあなたの体は健康ですか?

 

病気や障害により、行いたい活動を行えない状態にある学生も少なくないと思います。「少しなら大丈夫」と無理をしてさらに悪化する可能性も考えられます。

 

病気や障害も、個人によって多岐に渡ります。もし持病があるのであれば、医師と十分に相談した上で、活動に取り組んでくださいね。

 

体がなければ、何も始まりません。体を第一に進んで行きましょう。

まとめ

・不登校は不幸ではない

・自宅と学校では異なった経験を得られる

・環境から新しいことを学ぶ

・焦らずゆっくり体を大事にしながら進む

 

今過ごしている環境を有効的に使って、不登校であっても豊かに生活しましょう。焦らず、ゆっくり改善させていけば良いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加


不登校・ひきこもりランキング


健康法ランキング