元不登校・じゆうマンの習慣教室

元不登校で作業療法士のじゆうマンが、学校・仕事・趣味・休息・睡眠など、健康に関わる問題に対し、経験×専門知識から解決する方法を語ります。

不登校へは本人の価値観を考えた支援を

二人の楽しそうな少女

こんにちは、じゆうマンです。

 

簡単に自己紹介ですが、私は中学生時代に不登校を経験し、現在は作業療法士として活動しています。

 

現在、不登校に対する支援で迷ってはいませんか?

お子さんは性格や行動もそれぞれで、個別の対応が求められます。

 

 

今回は

「不登校の子供に対して、どのように支援していけば良いかわかりません」

といったお悩みに対してお答えしたいと思います。

 

 

結論からいうと、お子さんの価値観を考えた上で、支援を行なってください。

 

では上記を深掘りしていきます。

 

不登校に対する支援は子供の価値観を考える

改めてお伝えしますが、不登校のお子さんに対しては、価値観を考えた上で支援を行なってあげてください。

 

ここでいう価値観とは、「人が行うために重要であり、意味があると見出したもの」を指します。

 

シンプルに言えば「これだけは曲げれない考え」といった感じでしょうか。

 

例えば

・仕事は手を抜かない

・人には親切にする

・自然を大事にする

といった具合です。

 

こういった考えは、人を特定の行動へ導いたりします。

仕事は手を抜かない」人は、仕事を中心とした生活にしたり、私生活を犠牲にしても仕事に没頭するかもしれません。

 

不登校の学生にも価値観は存在しており、その価値観に従って行動している面もあると考えられます。

 

しかし、時に価値観は揺らぐこともあり、不登校という状況が、その価値観を大きく変化させてしまいます。

 

 

私の場合、不登校という人生のイベントは、価値観を大きく変えることとなりました。「休む」ことは悪ではなく、人が営む「作業」として大事なことを学びました。

 

 

学生時代は価値観が揺れ動く時期であり、価値観の築かれ方次第で今後の生活にも大きく影響することが考えられます。

 

そのことからも、支援の方法として価値観を考えてあげることは、支援者として大事なのではないでしょうか。

 

価値観次第でヒトが変わる

屋外に少女が一人

少し触れましたが、価値観次第でその人が変わっていきます。

 

価値観は人が行動する上で、核となるものであるとも考えられます。その核次第で、行動が変化していくんですね。

 

もし仮に「人生なんて何してもダメなんだ」という価値観が形成されてしまうと、その価値観が行動として現れます。

 

進学、就職、結婚など、人生には様々なイベントがありますが、そうしたイベントに対しても消極的になることも予測されます。

 

こうしたことから、子供達の将来を考えた時に、不登校であっても学生の内に少しでも人生を豊かに生きていける価値観を築いてあげるべきだと考えます。

価値観を変えるには

では価値観を変えるには、どうすれば良いのでしょうか。

 

価値観を中心とした人の意志を変えるには、何かしらの「刺激」が必要となります。

 

例えば

・人の意見

・環境

・自身の変化(体調など)

などです。

 

価値観はこういった刺激が加わることで、変化を求められることがあります。

 

例えば「言葉遣いが汚い」と指摘されれば、それ以降、言葉遣いを改めるかもしれません。また日本から海外へ移住すれば、そこの文化から求められる行動をすることも考えられます。

 

病気や障害から新しい行動を求められるかもしれませんし、こうしたことが人にとって価値観を修正し、改めることに繋がります。

 

子供達は不登校という状況の中で、以前とは違った価値観に変わろうとしています。それが良い価値観、悪い価値観かはわかりませんが、その子の表情や動き、日頃の習慣から、それが判断できるのではないでしょうか。

 

もし悪い価値観を作るような状況であるならば、お子さんの習慣を見直し、良い習慣が築けるようにサポートをしてあげてください。

 

一気に全てを変える必要はありませんが、一つの活動を工夫してあげるだけでも、将来の価値観へと繋がっていく可能性があります。

価値観以外も変わっていく

夕日と少女

価値観を変える中で、本人のその他の内面も変わって生きます。

 

もし「不登校なんてダメなんだ」という価値観から、「不登校でも良いんだ」と変えていくことができれば、まず生活することに自信が生まれます。

 

その自信が新しい活動への興味を生み出し、「〇〇をしていみたい」と感じることがでいます。

 

価値観はこうした自信や興味と密接に関係し、相互に作用しています。

逆に言えば、自信や興味を失えば、価値観にも悪影響を及ぼすかもしれません。

 

作業を変えてあげよう

人は日々「作業」を行なっています。

 

作業とは

・身辺動作

・仕事

・遊び

・休息

などです。

 

それぞれの作業は、その人しか体験できないものであり、同じ仕事や遊びでも、人によって様々です。

 

それぞれの体験を大切にするために、お子さんの価値観を考え、良い価値観にしてあげることが、作業をより良い体験にするためのきっかけになると思います。

 

今すぐに不登校から脱する必要はありませんが、その前段階として、少し価値観を変えてあげる支援をしてあげてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

まとめですが

・不登校への支援は価値観を考える

・価値観次第で人は変わる

・価値観は人や周囲の環境、本人の体調などで変化する

・価値観は他の因子とも絡み合っている

・お子さんの大切な作業を考えてあげること

 

お子さんをサポートする保護者の方にも、価値観はあると思います。

価値観を変えていきながら、人は成長しており、保護者の方も一緒に価値観を変えながら、成長していけると良いですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加


不登校・ひきこもりランキング


健康法ランキング